肌のターンオーバーのメカニズム

肌のターンオーバーのメカニズム

肌のターンオーバーは皮膚を美しく保つために大切な仕組みであり、肌の質を決めるのはターンオーバーと言っても過言ではありません。

 

肌のターンオーバーは言葉では聞いたことがあっても実際にはどのようなメカニズムで行われているかまで説明できる人は少ないです。

 

アトピーの色素沈着や綺麗な肌を目指すのであれば肌のターンオーバーは無視できません。

 

メカニズムを知って、より良い肌質を目指しましょう!

 

肌のターンオーバーのメカニズムは、肌の中に表皮があり、ターンオーバーはこの中で行われます。

 

表皮にはさらに、基底層、有棘層、顆粒層、角質層と4つの層に分かれています。

 

実際にどのようにターンオーバーが行われているのかと言うと、

 

基底層で新しい表皮細胞が生まれ、それが有棘層、顆粒層で分裂を繰り返し形を変えながら上へ押し上げられていき、表皮の一番上にかる角質層に達します。

 

角質層は押し上げられた細胞が15層から20層くらいに重なったもので、一定の期間が経つと垢となって剥がれ落ちます。

 

この表皮の中で細胞が生まれて形を変えて押し上げられたいった細胞が垢となって剥がれ落ちていき、表皮が新しく生まれ変わるメカニズムが「ターンオーバー」なのです。

 

表皮に新しい細胞が生まれてから剥がれ落ちるまでメカニズムは正常であれば約28日の周期で行われます。

 

新しく作られた細胞が形を変えて、最後は垢となって剥がれ落ちて、肌が生まれ変わる仕組みがターンオーバーのメカニズムと言えます。

 

肌のターンオーバーが滞るとニキビや肌荒れの原因になります。

 

またアトピーの方は肌のバリア機能が弱いためこの肌のターンオーバーを正常化させて強い肌を作ることがなによりも大切です。

 

肌のターンーオーバーを正常化させるためには保湿が重要です。

 

入浴後の保湿ケアに加え、朝も夜も保湿することを忘れないでくださいね。

 

 

TOP:アトピーの色素沈着改善におすすめの美白クリームはこちら