アトピー性皮膚炎の色素沈着の治し方

アトピー性皮膚炎の色素沈着の治し方

アトピー性皮膚炎で痒みで皮膚を掻きむしっていたら、いつのまにか全身に色素沈着ができてしまった方も多いと思います。

 

洋服を着れば隠せる場所はまだしも、人目に付く場所の色素沈着はできるだけ薄くして目立たなくさせたいですよね。

 

特に女性の場合、美容面でも色素沈着や黒ずみは気になるもの。

 

当サイトではアトピー性皮膚炎によってできてしまった色素沈着を可能な限り改善する方法をご紹介します。

アトピー性皮膚炎の色素沈着の原因

アトピー性皮膚炎の方の色素沈着はメラニンが原因です。シミやそばかす、ニキビによってできるニキビ跡も、このメラニンが原因です。通常であれば肌のターンオーバーで角質層から色素沈着したメラニンが剥がれ落ちます。

 

しかし、同じ場所を何度も掻くけば新たにメラニンが生成され続けるため、肌のターンオーバーがあったとしても常に色素が沈着している状態に見えます。

ちなみに、痒みを抑えるためにステロイド剤を使用するとそれが原因で肌が黒ずみやすくなるとも言われていますが、ステロイドで色素沈着は起こりません。

 

 

 

また、肌を掻かかなくなってしばらくしても色素沈着がとれない場合は、基底層の下にある基底層が破れ、表皮だけではなく真皮層に色素沈着が入り込んでいる可能性があります。

 

メラニンが表皮の中に留まっている状態であれば医薬部外品のクリーム等で色素沈着のケアが可能ですが、基底膜が破れメラニンが真皮層まで入り込んでいる場合は真皮層の肌のターンオーバーは表皮層よりも遅いため、色素沈着の治癒には時間がかかります。

 

ですが、表皮層にまで入っていたら色素沈着は絶対に直せないのかというとそんなことはありません。真皮層にまで入り組んでいたとしても、時間をかければ色素沈着をケアすることが可能です。

アトピー性皮膚炎の色素沈着を改善する方法

アトピーによってできた色素沈着を改善する方法は様々挙げられていますが、最もオススメできるのが美白成分を含んだ医薬部外品クリームです。

 

ハイドロキノンを使用する

ビタミンC誘導体化粧品を使用する

エステを受ける

ピーリングを受ける

 

これらはどれもアトピー性皮膚炎でバリア機能が弱っている肌には使用したくない方法です。

 

美白効果が有名なハイドロキノンは刺激が強く、アトピー性皮膚炎で肌が弱くなっている人には刺激が強く、向いていません。

 

美白化粧品といえばビタミンC誘導体がオススメされることもありますが、ビタミンC誘導体は皮脂抑制効果がありアトピー性皮膚炎の方が使用すると余計に肌が乾燥してしまうリスクもあるので、当サイトではオススメしていません。

 

エステは確かに効果が高いですが、金額も高く継続することが困難です。

 

ピーリングは弱い肌にするものではありません。アトピー性皮膚炎でボロボロになっている肌には施さないでください。

アトピー性皮膚炎の色素沈着を改善するグッズを選ぶポイント

返金保証制度がついていること

アトピー性皮膚炎の方は肌がデリケートです。せっかく色素沈着を改善したくて購入したのにそもそも美白グッズを使用して肌がさらに荒れてしまったら意味がないですよね。

 

アトピーの方が美白化粧品を使用する時は「返金保証制度」がついているものを選択するようにしましょう。

肌に優しい成分が配合されていること

アトピーで炎症を起こしている皮膚に刺激が強い成分を足せば余計に皮膚の炎症が悪化してしまう可能性があります。

 

肌に優しい成分が配合されていることは第一条件です。

皮膚の炎症を抑えること

メラニン生成を抑制し美白化するだけではなく、炎症を抑えることで色素沈着が起きにくくなります。

 

肌に優しく、安全に美白効果を期待できるの美白クリームです。

トラネキサム酸配合美白クリームランキング

イビサクリーム

トラネキサム酸
グリチルリチンサン2K

 

トラネキサム酸はアトピー性皮膚炎でも使える肌に優しい医薬部外品の成分でメラニン生成を抑制します。

 

またグリチルリチンサン2Kが配合されていることで皮膚の炎症を抑えます。皮膚の炎症を抑えて、かつメラニンに働きかけるのでアトピー性皮膚炎の色素沈着を改善するのにもってこいのクリームです。

 

ピューレパール

グリチルリチンサン2K
水溶性プラセンタエキス

 

水溶性プラセンタエキスが肌代謝を活性化させて肌のターンオーバーを改善させます。

肌の保湿を維持する

アトピー性皮膚炎の方はとにかく肌の乾燥が痒みを引き起こさせているので、肌の保湿を重点的に行います。

 

保湿がしっかりとされていれば痒みも収まり、痒みがなければ皮膚をボリボリと掻くこともありません。

 

皮膚に炎症がなければ痒みも感じにくくなります。炎症を防ぐのは乾燥を防ぐことにつながります。

 

みんなの肌潤糖は肌の保湿を行い、痒みを防いでくれます。

いつまでたっても色素沈着が治らない理由

通常、ケラチノサイトもメラニンも肌のターンオーバーによって剥がれ落ちますが、アトピー性皮膚炎で皮膚に炎症が起き続けていると何度も皮膚に刺激を与え、継続的にメラニンが生成されます。

 

するといつまでも新たにできたメラニンが皮膚の中に滞る状態になり、見た目の色素沈着がいつまでたっても治らなくなってしまいます。

 

アトピーの皮膚は肌が弱い状態なので、肌を守るためにメラニンができやすい状態であるのも災いしています。

 

皮膚に色素沈着をさせない方法=アトピーを改善する方法の基本は日常生活における生活習慣の見直しです。

 

新陳代謝をあげる

保湿をする

紫外線を避ける

 

これによって皮膚は強くなり色素沈着をしににくなります。