アトピー性皮膚炎の色素沈着をクリームで治す

アトピー性皮膚炎の色素沈着の治し方

アトピー性皮膚炎の色素沈着

アトピー性皮膚炎の痒みで皮膚を掻きむしったら、いつのまにか全身に色素沈着ができてしまったという方も多いと思います。

 

洋服を着れば隠せる場所はまだしも人目に付く場所の色素沈着はできるだけ薄くして目立たなくさせたいですよね。

 

特に女性の場合、美容面でも色素沈着や黒ずみは気になるもの。

 

当サイトではアトピー性皮膚炎によってできてしまった色素沈着を可能な限り改善する方法をご紹介します。

アトピー性皮膚炎の色素沈着の原因

アトピー 色素沈着 原因

アトピー性皮膚炎の方の色素沈着はメラニンが原因です。

 

シミやそばかす、ニキビによってできるニキビ跡も、このメラニンが原因です。

 

通常であれば肌のターンオーバーで角質層から色素沈着したメラニンが剥がれ落ちます。

 

しかし、同じ場所を何度も掻くけば新たにメラニンが生成され続けるため、肌のターンオーバーがあったとしても常に色素が沈着している状態に見えます。

ちなみに、痒みを抑えるためにステロイド剤を使用するとそれが原因で肌が黒ずみやすくなるとも言われていますが、ステロイドで色素沈着は起こりません。

また、肌を掻かかなくなってしばらくしても色素沈着がとれない場合は、基底層の下にある基底層が破れ、表皮だけではなく真皮層に色素沈着が入り込んでいる可能性があります。

 

メラニンが表皮の中に留まっている状態であれば医薬部外品のクリーム等で色素沈着のケアが可能ですが、基底膜が破れメラニンが真皮層まで入り込んでいる場合は真皮層の肌のターンオーバーは表皮層よりも遅いため、色素沈着の治癒には時間がかかります。

 

ですが、表皮層にまで入っていたら色素沈着は絶対に直せないのかというとそんなことはありません。

 

真皮層にまで入り組んでいたとしても、時間をかければ色素沈着をケアすることが可能です。

アトピー性皮膚炎の色素沈着を改善する方法

アトピーによってできた色素沈着を改善する方法は様々挙げられていますが、最もオススメできるのが美白成分を含んだ医薬部外品クリームです。

 

ハイドロキノンを使用する

ビタミンC誘導体化粧品を使用する

エステを受ける

ピーリングを受ける

 

これらはどれもアトピー性皮膚炎でバリア機能が弱っている肌には使用したくない方法です。

 

美白効果が有名なハイドロキノンは刺激が強く、アトピー性皮膚炎で肌が弱くなっている人には刺激が強く、向いていません。

 

美白化粧品といえばビタミンC誘導体がオススメされることもありますが、ビタミンC誘導体は皮脂抑制効果がありアトピー性皮膚炎の方が使用すると余計に肌が乾燥してしまうリスクもあるので、当サイトではオススメしていません。

 

エステは確かに効果が高いですが、金額も高く継続することが困難です。

 

ピーリングは弱い肌にするものではありません。アトピー性皮膚炎でボロボロになっている肌には施さないでください。

アトピー性皮膚炎の色素沈着を改善するグッズを選ぶポイント

返金保証制度がついていること

アトピー性皮膚炎の方は肌がデリケートです。せっかく色素沈着を改善したくて購入したのにそもそも美白グッズを使用して肌がさらに荒れてしまったら意味がないですよね。

 

アトピーの方が美白化粧品を使用する時は「返金保証制度」がついているものを選択するようにしましょう。

肌に優しい成分が配合されていること

アトピーで炎症を起こしている皮膚に刺激が強い成分を足せば余計に皮膚の炎症が悪化してしまう可能性があります。

 

肌に優しい成分が配合されていることは第一条件です。

皮膚の炎症を抑えること

メラニン生成を抑制し美白化するだけではなく、炎症を抑えることで色素沈着が起きにくくなります。

 

肌に優しく、安全に美白効果を期待できるの美白クリームです。

トラネキサム酸配合美白クリームランキング

イビサクリーム

 

イビサクリームの特徴

トラネキサム酸配合
28日間の返金保証制度付き
● 全身に使える医薬部外品美白クリーム
●クレジットカード払いで500円引き

価格 6,372〜7,992円
評価 評価5
備考 1日あたり 約150円 全国送料無料
イビサクリーム

薬用美白クリームの中でも安全性が高く、かつ美白効果が期待できるクリームです。
塗りやすさ、無添加、実績等が決め手になり、最高評価になりました。
肌に合わない場合は28日以内であれば最返金してもらうことができる返金保証付きで安心です。

体験談や実績は、公式Weで。

 

 

 

ピューレパール

ピューレパール

様々な生命活動において必要な酵素ですが、食生活の荒んだ現代では意識をしていても不足しがちです。
酵素八十八選は不純物が無い純度の高い酵素を使っています。
そのため、少ない量でも効率的にしっかり摂取することが出来ます。
乱れた生活環境により起こっている体調不良も、酵素八十八選を使い続けることによって身体をスッキリ整えてくれます。
毎日朝と昼に一口ずつ飲むだけで、健康的な毎日を過ごすことができますよ!

価格 11,314〜16,200円
評価 評価4
備考 1日あたり 628〜900円 全国送料無料
ピューレパールの総評

公式Webを見てわかるように、いい素材を時間をかけて人手でじっくり作っています。
無添加、返金保証あり、高品質でいい酵素であることは明白なのですが、価格が高いのがネックですね・・・。
しかし、品質の安心感から人気が高い酵素であることは間違いないです。

 

いつまでたっても色素沈着が治らない理由

通常、ケラチノサイトもメラニンも肌のターンオーバーによって剥がれ落ちますが、アトピー性皮膚炎で皮膚に炎症が起き続けていると何度も皮膚に刺激を与え、継続的にメラニンが生成されます。

 

するといつまでも新たにできたメラニンが皮膚の中に滞る状態になり、見た目の色素沈着がいつまでたっても治らなくなってしまいます。

 

アトピーの皮膚は肌が弱い状態なので、肌を守るためにメラニンができやすい状態であるのも災いしています。

 

皮膚に色素沈着をさせない方法=アトピーを改善する方法の基本は日常生活における生活習慣の見直しです。

 

新陳代謝をあげる

保湿をする

紫外線を避ける

 

これによって皮膚は強くなり色素沈着をしににくなります。またアトピーによる痒みで夜に満足のいく睡眠がとれない場合はアレルナイトプラスで痒みを抑える方法がオススメです。

肌の保湿を維持

アトピー性皮膚炎の方はとにかく肌の乾燥が痒みを引き起こさせているので、肌の保湿を重点的に行います。

 

保湿がしっかりとされていれば痒みも収まり、痒みがなければ皮膚をボリボリと掻くこともありません。

 

皮膚に炎症がなければ痒みも感じにくくなります。炎症を防ぐのは乾燥を防ぐことにつながります。

 

日中で肌の保湿の最大のチャンスが入浴です。湯船につかるだけで全身の保湿を行えるのでこのタイミングを使って肌の保湿を行いましょう。

 

ただ、アトピー性皮膚炎の方は使用する水の塩素除去が非常に大切ですよね。

 

そんな面倒な塩素除去にくわえ、さらに全身の保湿を効率よく行ってくれるのがみんなの肌潤風呂です。

 

 

みんなの肌潤風呂の特徴

肌の清潔と保湿を同時に行えるアトピーの方のためにできた入浴剤
天然温泉成分「湯の花」によって皮膚や幹線の油脂、汚れを除去
●化学成分は一切配合せず自然素材のみ配合
●角質層に潤いをとじこめる
●入浴後も潤いヴェールによって保湿がキープされる
●28日間の返金保証制度つき

価格 2,533円〜
評価 評価5
備考 配送個数を自分で選択可
みんなの肌潤風呂の総評

ステロイドや保湿剤を全身に塗る手間を省いてくれるのがこのみんなの肌潤風呂です。
赤ちゃんでも使える入浴剤で、入浴後の肌の過感想による痒みを抑制してくれます。
寝ている間も乾燥で痒みが収まらない、睡眠不足になってしまうのを改善し、1日中肌の潤いをキープしてくれます。初めての方でも安心の28日間の返金保証付きです。

 

ターンオーバーを正常化させる方法

一般的にお肌のターンオーバーのサイクルは28日。もちろん多少の個人差はあり、加齢によってこのサイクルはどんどん長くなっていきます。

肌のターンオーバーのメカニズム

 

その結果、歳を取るとどうしてもシミやくすみが発生しやすくなり、傷の治りも遅くなります。

 

このターンオーバーのサイクルを正常化させることは、アトピー肌でもより綺麗な肌を維持するためには非常に重要なことです。

 

ターンオーバーを正常化させる方法は普段の生活習慣の中にあるので1つ1つ見直してみましょう。

保湿をおこなう

保湿が不十分だと、肌が本来持っているバリア機能が働かずターンオーバーのサイクルが乱れてしまいます。

 

入浴後のスキンケア、日中こまめに保湿クリームを塗るのはマストです。バッグにお気に入りの保湿剤を入れておいていつでもすぐに保湿剤を濡れるようにしてくださいね。

 

また、顔を洗いすぎないというのもポイント。特に夏などはついつい1日に何度も顔を洗いたくなってしまうものですが、顔の洗いすぎも乾燥に繋がってします。

睡眠時間を確保する

生活習慣で気をつけたいのは睡眠をしっかり取ること。というのは、肌のターンオーバーは就寝中に行われるからです。

 

肌のターンオーバーを促進する成長ホルモンは就寝後3時間のあいだに多く分泌されるので、この時間に深い眠りに入るのがポイント。

 

是非習慣にしたいのは、就寝前1時間半〜2時間前にお風呂に入り湯船で体を温めることです。

 

すると就寝前に深部体温が下がることで、スムーズに眠りにつくことができますよ。

色素沈着を改善する美白成分とその効果

アトピーによる色素沈着には、美白成分が有効です。

 

一見、アトピーと美白成分は関係ないように思えますが、実はアトピーによる色素沈着も紫外線などの影響でできるシミも、原因となっているものは同じです。

 

その原因は、色素の一種であるメラニン。

 

紫外線やアトピーなどの炎症によるダメージを受けると、メラニンはそのダメージに対抗するため増える性質があります。

 

メラニンは肌を守る反面、肌の中に蓄積しやすいためそれが色素沈着につながるのです。

 

色素沈着を改善するには、メラニンを作らせないことが大切。

 

まず美白成分として挙げられるのは、アルブチンです。肌の中にはメラノサイトとよばれるメラニンを作り出すための場所があり、ここでチロシナーゼの助けを借りメラニンが生成されます。

 

アルブチンにはこのチロシナーゼの働きを弱める効果があるので、メラニンの生成が抑えられ色素沈着の改善に役立ちます。

 

ビタミンC誘導体も、色素沈着に効果を発揮してくれる成分です。

 

ビタミンC誘導体はチロシナーゼの抑制に加え、還元作用も持ち合わせています。

 

還元作用とは、すでにできている色素沈着を薄くする作用のことを表します。

 

ビタミンC誘導体は通常のビタミンCよりも肌に浸透しやすいのが特徴で、肌の奥深くまで栄養成分を届けることが可能です。

 

肌にぐんぐん浸透したビタミンC誘導体はメラニンを分解し、色素沈着を薄くしてくれる効果があります。